あおばペットクリニックは青葉台駅からほど近い、トリミング・ペットホテルを完備した動物病院です。

症状

各種症状

角膜の異常|眼科

角膜とは黒目と言われているものにあたります。

眼の一番外側にある透明の組織であり、視覚情報を得るために光を取り入れる働きがあります。

角膜の疾患はいろいろありますが、獣医療では角膜の傷、いわゆる「角膜潰瘍」がよくみられます。

・眼にゴミが入ると掻いてしまい爪でひっかいてしまう

・耳が痒くて耳を掻いたときに眼に爪があたってしまう

・散歩中に草むらに顔を突っ込み小枝で傷つけてしまう等

というように傷ができる原因は多くあります。

 

眼が大きい犬種は特に要注意です。

眼の中央にまで涙が行き届かないことが多いため、角膜の中央部に角膜潰瘍ができやすく、治りにくい特徴があります。

 

角膜潰瘍は、痛みがあり、結膜(白目)の充血もひどく、眼を開けられないことも多く、異常だと気付きやすいので、

まず、異常を感じたら動物病院へかかるようにしてください。

 

早く治療を始めてあげることが大事です。