あおばペットクリニックは青葉台駅からほど近い、トリミング・ペットホテルを完備した動物病院です。

症状

各種症状

子宮蓄膿症について

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症とは、子宮内に細菌感染を起こし、子宮内に膿がたまる病気です。

この病気は命を落とすこともある非常に怖い病気です。

高齢犬で多くみられる病気ですが、避妊手術(子宮卵巣摘出術)を行っていれば予防できます。

若齢でもまれに起こることが有りますので、お尻周りが汚れている場合は診察を受けるようにしましょう。

症状

元気消失・食欲減退・下痢・吐き等の非特異的な症状となります。

特徴としては陰部の周りが汚れることが挙げられますが、全く汚れない閉鎖型の子宮蓄膿症があり発見が遅れる場合があります。

診断

診断はエコー検査・レントゲン検査で確認ができます。

血液検査も同時に実施し、重症度を確認します。

治療

治療は外科的に摘出する方法か内科的に排泄をうながす治療法があります。

子宮内の膿が漏れた場合腹膜炎を起こし、非常に危険な状態になるため、緊急で手術を行う事が多いです。

内科療法は高齢等の理由があり、手術できないときに選択することが多いですが、治るまでに数日かかること・

再発の可能性がある・効かない等のデメリットもあります。