あおばペットクリニックは青葉台駅からほど近い、トリミング・ペットホテルを完備した動物病院です。

症状

各種症状

骨折|脛骨遠位成長板骨折

本症例は5か月のトイプードル 女の子

元気に動き回り、ジャンプしたところ後肢がケージにハマったまま、体が回転してしまったため

ねじれるように強い力がかかり、骨折してしまいました。

折れ方が特殊で、骨片もあるため非常に難易度の高い手術になります。

 

手術は整形外科の先生に来ていただき、行いました。

手術は見事に成功。

うまく整復できても、成長期の成長板骨折なので、足の長さに影響が出る可能性がありますので、経過観察していく必要があります。

       

術後の写真                術後一か月

1か月後には骨折線も消え、きれいに治っているのがわかります。

関節部にピンを残すと痛みや違和感の原因になりうるので、術後2ヶ月で抜ピンの手術を行いました。

その後、経過は順調で、跛行もなく元気に走り回っています。

足の成長も妨げることなく、左右同じ長さのまま成長してくれました。