あおばペットクリニックは青葉台駅からほど近い、トリミング・ペットホテルを完備した動物病院です。

症状

各種症状

膀胱結石

膀胱結石とは

膀胱とは腎臓で作った尿を貯留する臓器であり、内部に結石ができると膀胱結石と呼びます。

結石がある場所で名称が変わり、腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石とそれぞれ呼ばれます。

犬・猫においては以前ストルバイト結石が多く占めていましたが、最近ではシュウ酸カルシウムが多く見られます。

ストルバイトは食事療法により溶解することもありますが、シュウ酸カルシウムは溶解しないため、

一定以上の大きさになった場合の治療は外科的に摘出することになります。

原因

結石ができるのは体質や食生活・飲水量・細菌の侵入など様々な原因が挙げられます。

症状

無症状のことも多く健康診断時にレントゲンやエコーを一緒にすることで見つかることがあります。

大きいものになり膀胱壁に癒着するようになると、血尿や頻尿になります。

この結石が膀胱から尿道に移動し詰まってしまうと尿路閉塞となり命に関わってきます。

この場合は著しく体調が悪くなり、食欲廃絶、嘔吐、意識混濁等の症状が認められ、緊急での処置が必要になります。

治療・予防

無治療での経過観察もありますが、基本的には食事療法もしくは外科療法により治療していきます。

近年増えている、シュウ酸カルシウムは溶解しないため大きく育ってしまうと外科的に摘出することになります。

最近サプリでシュウ酸カルシウム対応のものが出ているので、手術する前に試してみてもいいかもしれません。

予防は飲水量の確保や、食事内容の変更によりなるべく結石ができないようにしていきますが、

原因となる要素は多岐にわたるため確実に防げる手段はありません。